飾り線上

のめり込んで叫ぶ君とあられ雲

飾り線下
離れた生まれた家で暮らす俺のお母さんもかわいい孫の為として、ものすごく豊富に手作りのものを仕立てて届けてくれている。
アンパンマンが非常に気にいっているのだと伝えたら、言った生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、生地の購入価格がめちゃめちゃ高額でびっくりしていた。
縫物用の布は縦、横、キャラクターものだと上、下も向きがあり手間だそうだ。
でありながら、ふんだんに、作ってくれて、届けてくれた。
孫娘はとってもかわいいのだろう。

勢いで口笛を吹くあの人と夕焼け
大学生のころよりNHKを見ることがたいそう増えた。
昔は、両親やひいじいちゃんが視聴していたら、NHK以外のものが見たいのにと思っていたが、最近は、NHKを好んで見る。
かたくない番組がたくさん少ないと思っていたのだけれど、このごろは、楽しいものものも増えたと思う。
それと、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でない内容のものや娘に悪い影響がめちゃめちゃ少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえものすごく暴力的のように見える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、子供も私を殴るようになってしまった。
飾り線上

雨が上がった週末の深夜は足を伸ばして

飾り線下
私は、家で個人的に行えるような仕事して、たまにお声がかかると派遣先に仕事に参加する。
たった、稀にだけど、本気で怠く感じてしまう。
こんなに面倒なら辞めてしまおうとか。
参加すればやる気になるけれど、大勢の社員に囲まれて、プロジェクトで仕事をするのは難題だ。
そう友人に相談すると、気持ちは理解できるけど、など豪快に笑っていた。

曇っている木曜の夜に散歩を
働き始めて間もないころ、無知で、大きなトラブルをひきおこしてしまった。
罪悪感を持つことはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も思いつかず、落ち込んでしまった。
同じく新人らしきお客さんが、スタバのコーヒーを差し入れと言いながらくれた。
ミスで2つ注文しちゃったんだよね、と言いながら別の種類のドリンク2つ。
背が高くて痩せててとても豊かな表情をした男性。
申し訳なかったな、と思い返す。
飾り線上

勢いで叫ぶ子供と紅葉の山

飾り線下
花火大会の季節だけれども、しかし、今住んでいるところが、観光地で毎週末、打ち上げ花火が打ち上っている、すでにうんざりしてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火をあげているので、苦情もたくさんあるらしい。
私の、住居でも花火の音が激しくて子供がパニックで涙を流している。
一回、二回ならいいが、夏季の間、毎週末、長い時間、花火をあげていては、いらいらする。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

じめじめした金曜の夕方はビールを
太宰の斜陽は、何回も読みたくなると思う。
戦前は旧華族の御嬢さんだったかず子が、強くて負けない女性に変身する。
なかなか素晴らしいと考えた僕。
かず子のように、誰にも恐れない気の強さと、固い意志が戦後は必要だったのかもしれない。
だけど、不倫相手の小説家の奥さんからするとうざいだろうとも思える。
飾り線上

一生懸命大声を出す妹と花粉症

飾り線下
仕事の関係で、日光市へ行くことが頻繁だった
関東地方の北寄りにある日光は栃木県にあって、海のない県で、背の高い山に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が積もり、除雪車やチェーンなど必要である。
紅葉の時期になると、と東北道を使い、2泊3日で行って、帰ってきてからまた2泊3日という生活スタイルがとにかく多く、旅行誌などで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見てほしい場所だ。
紹介すると、観光客のメインはやはり東照宮。
江戸を治めた家康の眠る場所で、境内の厳かな様子に驚かされる。
また、いろは坂の先にある日光湯元。
硫黄泉とのことで、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉を浴びると冷えにも良いと思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目標に多くの湯治客が集まったそうだ。
情景が想像可能な歴史的な町が日光。
温泉の紹介も兼ねて、雑誌などに紹介されているこの場所に、また行きたいと考えている。

喜んで話すあなたと僕
私の部屋は、冷房も暖房も設置されていない。
そのために、扇風機と冷やしたペットボトルを片手に作業をする。
先日、扇風機をどかそうと思いつき、スイッチを付けたまま抱えてしまった。
すると、扇風機の歯が止まったので「おかしいな・・・」と考え、じっくり見た。
ビックリしたことに、邪魔をしているのはまさしく自分の中指だった。
抜くと、また扇風機は回転を始め、邪魔をしていたその指からは血が垂れてきた。
痛みもなにも感じなかったが、しっかりしようと思った。
飾り線上

雨が降る祝日の午後に想い出に浸る

飾り線下
私は以前から、素肌がさほど丈夫じゃないので、気を付けないとトラブルが起きる。
それに、ボディーシャワーの体に残ってしまう感じが好ましくない。
それだと、真冬は凄くぱりぱりになるので、無添加に近いスキンローションを使っている。
この製品の驚くべきところは、価格がとても高く、なかなか買えないところだ。

どんよりした木曜の夕暮れは料理を
ブームが去った今、任天堂DSに依存している。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを使っていたのみのことだった。
しかし、ヤマダ電機でソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、無駄に欲しくなってしまう。
戦国無双やリズム天国、どうぶつの森など多数。
便利なもので、旅の指さし会話帳も出ている。
DSは、待ち合わせなどの、退屈な時間にも有効活用できそうだ。

小さい飾り線上

サイトカテゴリ

小さい飾り線下

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 飢餓状態の部下を幸せに All Rights Reserved.
レトロ飾り