飾り線上

前のめりで話すあの子とよく冷えたビール

飾り線下
個人的に、物の趣味や気になるものがあると思うが、それらをリサーチするのが大好き。
仲の良い子に問いかけてみたところ、まとまったお金、良い生地の洋服、お母さんのことが好きで仕方ないとの事。
プラス、異性の血管の浮いた手首。
それにスペイン語のひびき。
自分にはピントこない。
屋台のリンゴ飴、素肌の上に厚手のニット、軽い香水、声のかすれた若い人が好きだと、伝えた。
同じく理解不能だとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野らしい。

無我夢中で大声を出すあの子と冷たい雨
人間のおおよそが水という研究もあるので、水は人々の基礎です。
水の摂取を充分に行い、みなさん元気で楽しい季節を過ごしたいものです。
きらめく日差しの中より蝉の声が耳に届くこの時期、普段そんなに外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策についてマメな方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた時に表れるという位なので、どうしても気にかけてしまう所ですね。
やはり、すべての方が気になっているのが水分摂取に関してです。
まして、普段から水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期ばかりは例外の可能性もあります。
どうしてかというと、たくさん汗を出して、気付かないうちに体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分の健康状態も関係あるかもしれません。
ひょっとすると、自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑いときの水分補給は、次の瞬間の体に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少し外へ出る時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があれば非常に経済的です。
人間のおおよそが水という研究もあるので、水は人々の基礎です。
水の摂取を充分に行い、みなさん元気で楽しい季節を過ごしたいものです。
飾り線上

騒がしく吠える彼女と擦り切れたミサンガ

飾り線下
夜中、寝れないことがあれば、映画を起き上がって見る習慣がある。
昨夜観賞したDVDは、「エスター」というタイトルのアメリカのシネマだ。
主要人物、エスターと言う子はしっかりものだけれど少しクレイジーな少女。
ラストには思いもよらない結果が見れる。
これは観賞の真ん中で、結末が予想できる人がいるのか疑問なほど意外すぎる終わり方。
結果は、ドキドキとするのではなく、とにかくある種のホラー映画のような結果だった。
ストーリーは、目が冴えている私の毎晩の時を満足させてくれる。
しかし、いつもミリンダだったりお酒だったりもお供しているので、体重が上昇するのが良くない。

自信を持って踊る兄弟と突風
職場で親しくなったお姉さんがいる。
変わった女性で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
トイック800点、総合旅行業務取扱主任者、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士も受かったとうわさ。
さすがにこのことを親友に話したら、君の聞き間違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と結婚し退職していった。
飾り線上

雹が降った土曜の夜に微笑んで

飾り線下
興味はあっても行ったことはない、しかし、昼間ではない動物園は、夜に動く習性の動物がとっても勢いがあって見てたまらなく楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の暗さの中での動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもう少し理解できるようになったら見に行ってみようと思う。
もう少しだけ怖がらないようになったら、間違いなく、子供も喜んでくれるだろうから。
昼の動物園と隔たりのあるムードを妻も私も必ず楽しめると思うので見てみたい。

涼しい金曜の晩はシャワーを
ここ数年、小説をほとんど読まなくなった。
学生の時は、ほぼ毎日読んでいたけれど、今は、仕事が忙しいし、読む時間をとりにくい。
時間があったとしても、ゆっくりと好きな小説を読むという心になかなかなれないので、読んでいたとしてもおもしろく感じられない。
けれど、すごくはまってしまう小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きなので、お二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次世代の輝いている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学なのだからと無理やり難しい単語を並べているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。
飾り線上

天気の良い祝日の明け方は昔を思い出す

飾り線下
雑誌を眺めていたり繁華街に行くと綺麗だな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
結構大事だと思う。
私が惹かれるのはミュージシャンの西野カナさんだ。
コンサートに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女性らしい!と考えずにいられない。
ふっくらした頬に、体つきもバランスが良く、パステルカラーが凄く合うイメージ。
会話がおっとりしていて、方言もポイントが高い。
彼女の曲は結構聞いていたけれど、これを見てからもっと大好きになった。

湿気の多い水曜の夕方にお菓子作り
暑い時期っぽいことを特別やっていないが、ともだちと来週、コテージを借り炭を使ってバーベキューを行う。
夏の流れだけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男が二人なので、とっても色々と準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女の人は不得意な人が多いので、活躍しないと。
ただし絶対に皆でワインをがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように注意しよう。
飾り線上

気分良く叫ぶ友人と濡れたTシャツ

飾り線下
何年か前、はたちの時、友人と3人で船に乗ってソウルに観光に出かけた。
未経験の日本以外の国で、高級ホテルに2泊3日の滞在だった。
メインをたくさん見学して、楽しんでいたけれど、そのうち道に迷った。
日本語は、当然浸透していないし、英語も全く通じない。
すると、韓国の男性が発音のきれいな日本語でメインの場所を伝えてくれた。
何年か福岡に来て日本語の学習をしたという。
そのことから、安全に、素晴らしいツアーを続けることができた。
帰る当日、電車で道を説明してくれたその人に縁があってばったり会った。
「またおいで」と言ってくれたので、私はここが好きな国になった。
いつも長期休暇には韓国旅行が計画されている。

月が見える火曜の深夜にこっそりと
学生時代、体の状態が悪いのに、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の質が良くなかったので、口内炎が多くなった。
嫌だなあと思い立って、生活習慣を健康的にし、美容に良い事をし続けようと周りの意見を聞いた。
そこでファンが多かったのが、アセロラジュースだ。
今でもかなりの頻度で飲むことにしている。
レモン以上に肌に必要なビタミンCがたっぷり含まれているらしい。
健康と美はやはりフルーツから作りだされるのかもしれない。

小さい飾り線上

サイトカテゴリ

小さい飾り線下

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 飢餓状態の部下を幸せに All Rights Reserved.
レトロ飾り