飾り線上

雲の無い日曜の午後にひっそりと

飾り線下
夏季で企画がたいそう多くなり、このごろ、夜更けにも人の往来、車の往来がとってもたくさんだ。
かたいなかの奥まった場所なので、通常は、夜間、人の往来も車の往来もそんなにないが、打ち上げ花火やとうろうなどが行われており、人の行き来や車の通りがすごく多い。
いつもの静まり返っている夜が邪魔されてわりかしにぎやかなことがうざいが、ふだん、活況が少ない地方が活気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
近所は、街灯も存在しなくて、暗いのだが、人の往来、車の通りがあって、活況があると明るく感じる。

気分良くダンスする母さんと霧
動物を見るのにたいそういっぱい距離を歩く動物園は、夏はめちゃめちゃ暑くて疲れる。
友人夫婦と子供と私と妻と子供ともども共に観覧しに出向いたが、大変蒸し暑くてだるかった。
とても蒸し暑いので、どんな動物もほぼ歩いていないしし、遠くの日陰に姿を隠していたりで、あまり観察出来なかった。
今度は、涼しい水族館などがかなり暑いときはいいかもしれない。
娘が幼稚園の年長くらいになったら季節限定の夜の水族館や動物園もたまらなさそうだ。
飾り線上

風の無い木曜の早朝は足を伸ばして

飾り線下
北方さんの水滸伝の血が通っていて雄々しい人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
人物に実際の人の様なもろさが見えるのも加えて、魅了されていた理由だ。
弱いなりに自分の目標とか未来の為になるべく奮闘しているのが読みあさっていておもしろい。
精読していて楽しい。
しかし、心ひかれる作中人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていく描写も胸にひびくものがあるから心ひかれる物語だ。

そよ風の吹く大安の深夜は窓から
少年は真夜中の3時に起きてしまった。
夏休みに入って1週間くらい経った夏だった。
暑くて寝苦しくて深く眠れなかったようだ。
せんぷうきは部屋の空気をかき混ぜているだけで、まったくもって涼しくない。

眠れないし、お腹も減ったので、少年は大好きなカレーを作り始めた。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を取り出し、調理を始めた。
空が明るくなってきた頃、台所からは、美味しそうなカレーのいい匂いが漂ってきた。
飾り線上

雲の無い平日の夜明けに座ったままで

飾り線下
あまり、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを録画してから見ている。
犯人側の親兄弟と殺された小さな子の両親と兄達が出会ってという内容で、通常は起こるはずがない話だ。
殺された側の家族と加害者側の親兄弟のどちらも悲しいめにあっているストーリーが出されている。
話の雰囲気は非常に暗いと思うけれど、しかしその分、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がとても多く、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がたいそう多く使われている。
このあと、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

ひんやりした平日の朝は食事を
自分自身、アレルギー体質で、ファンデーションは全く使用してはいけないし、ケアも限られている。
どうしようもないので、野菜やサプリメントの力に任せているが、近頃摂取しているのがコラーゲンだ。
ドリンクに混ぜて、毎日習慣にしているけれど、ちょっとは素肌がつやつやになった。
さらに、飲み始めてから調子が良くなるまで即効性があったので、嬉しかった。
飾り線上

風の強い月曜の日没に想い出に浸る

飾り線下
服屋さんって大変・・・と考えるのは私だけだろうか。
出勤の度に、抜かりなくコーディネイトしないといけない。
私なんて、外で働くときはスーツを着ればOKだし、お化粧もしてれば良いとされている。
休日も、自分で納得する服装を選べばいいし、在宅で仕事するときはTシャツにジーンズで大丈夫。
だから、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、流行や合わせ方を語ってくれる。
私はどうしてもそれに怖くなり、その場から去ってしまう。
これも、店員さんって大変と思う事の大きな理由の一つだ。

雹が降った火曜の日没はビールを
この夏は、海に行っていないが、時間があればとっても行きたい。
現在、子供が幼いので、泳がせないで遊ばせる程度なのに、しかし、想像するけれど笑ってくれると思う。
けれども、現在、パンパースを着用しているので、子連れ以外の海水客の事を考えたら海につけないのがいいのではないだろうか。
遊泳用のオムツもあるが、自治体によっては議論に発展しているらしいので。
飾り線上

どんよりした木曜の明け方にゆっくりと

飾り線下
鹿児島の高齢の方は、いつも毎日、献花を墓前にしているから、なので、生花がたんまり必要で、菊農家も多数いる。
夜分に、車で飛ばしていると、電照菊の明かりがさいさい夜分に、車で飛ばしていると、電照菊の明かりがさいさい視野にはいってくる。
民家の光源は大変少ない田舎だが、電照菊光源はちょいちょい目撃する。
電照菊明かりは頻繁に視野にはいってきても人の行き来はものすごく少なく街灯の光もすごくちょっとで、警戒が必要なので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

そよ風の吹く日曜の深夜はビールを
いつも、なるべくシンプルなファッションが好きな私は、もちろんビビられるけど。
キャミやコスメや時計まで揃っていて、ラインで固めたいと考えれば破産しそうだ。
それでも、ジルは魅力的だ。

小さい飾り線上

サイトカテゴリ

小さい飾り線下

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 飢餓状態の部下を幸せに All Rights Reserved.
レトロ飾り